コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10の素晴らしい効果

コエンザイムQ10は、発見されてからこれまでに健康維持や美容の維持、疾患の治療に役立つ成分として活躍してきました。

研究も進み、近年では体内で作られるのと非常に近い形で摂取できるサプリメントも開発されており、たいへん手軽に摂取することが出来るようになりました。

私たち人間にとって非常に重要な成分ですが、年齢と共にどうしても生成量が不足してしまいますので、効果的に補給することを心掛けたいものです。

ここでは、コエンザイムQ10を補給することによって得られるいくつかの効果をまとめてご紹介していきます。

○心臓疾患○

コレステロール値が高くなることで引き起こされる疾患の一つに狭心症や心筋梗塞などの心疾患が挙げられます。

これらの症状の改善についてもコエンザイムQ10の摂取で可能になると考えられていますが、実際のところ、心臓疾患とはどんなものなのでしょうか?

心筋梗塞を代表する「虚血性心疾患」は心臓をとりまく冠動脈の血液の流れが悪化することによって引き起こされる病気です。

冠動脈とは、心臓の筋肉に血液を送る血管のこと。
この部分に血液が不足して発作が引き起こされるのです。

心臓は、冠動脈が血液を供給することによって動いていると言っても過言ではありません。しかし、例えば動脈硬化などで冠動脈の内腔が狭くなってしまったりすると、発作をおこしてしまいます。

特に心筋梗塞は動脈硬化で狭くなった冠動脈にさらに血栓が詰まってしまうという症状を示しているため、心筋への血流が完全に途絶えてしまいます。

その為、死に至るリスクが非常に高く危険な症状です。
心筋梗塞や狭心症などの症状は、動脈硬化によって発生率が急激に高まると言われています。動脈硬化の発生原因はコレステロール値の上昇です。

つまり、コレステロール値を抑えることが出来れば発生のリスクを抑えることが出来るというわけです。

コエンザイムQ10の主な働きとして挙げられるのが血中のコレステロール値を抑えるというもので、これによって動脈硬化をはじめとする生活習慣病(メタボリックシンドロームなど)を改善することが出来ます。

そのため、連鎖的に心臓疾患への予防効果もあると言えるでしょう。

○脳梗塞○

脳梗塞は一言でいえば脳の血管がつまる病気です。

これも心疾患と同様に血中のコレステロール値が高いと発生しやすくなってしまうという特徴を持っています。

そのため、コレステロール値を引き下げる効果を持っているCoQ10が大きな予防効果を持っていると考えられるのです。

心筋梗塞と同様に死に至る可能性が高い恐ろしい病気なので、事前にしっかりとした予防を行っておきたいものです。

画像