コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

高麗人参とコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は非常に高い効果を発揮する栄養素です。
その働きは、コレステロール値を低下させることから始まり、
強力な抗酸化作用を持っているということでも実感することが出来ます。

もちろん、美容にも大きな効能を持っていると言われています。
肌がプルプルになったという声もしばしば耳にします。

コエンザイムQ10はミネラルのような働きを持っていると言われていますが、
たしかに、そのような非常に身体に対して有益な働きがあると言えるでしょう。

もちろん、そんな身体に好影響を与えてくれる成分はコエンザイムQ10に限りません。最近では健康ブームともいえる流行があり、魅力的な効果を持った健康食品がたくさん登場しているのです。

そんななかでも特筆して、優秀な食品といえるものがあります。
それが、古くから万能薬とも言われている高麗人参です。

高麗人参は二千年以上の歴史を持っており、秦の始皇帝や徳川家康などの歴史的な著名人も愛用したという経歴を持っています。

その効果は生活習慣病の予防・改善からはじまり、疲労の回復や滋養強壮などはもちろんのこと、ストレスの緩和などの精神的な作用もあります。

また、美容にも高い効果を発揮すると言われています。
高麗人参の本場である韓国では、その効能の高さから若い女性にも人気があるのだとか。サムゲタンという国民的な料理の専門店も人気があるそうです。

参鶏湯(サムゲタン)は鶏と高麗人参のスープのようなもので、
薬膳としても知られています。日本でも気軽に楽しむことが出来るようです。

そんな高麗人参の効果・効能の秘密は配合成分であるサポニンが握っています。
サポニンは別名ジンセノシドとも呼ばれている高麗人参だけに含まれている特別な栄養素で、癌を防いだり、抗酸化作用を持っていたり様々な薬効があります。

その正体は天然の界面活性剤で、平安時代には発泡する性質があることからシャンプーにも使われていたのだとか。

高麗人参は一昔前までは煎じてお茶として飲んだりお酒にしたりして飲用していました。煎じる際に泡だつのは、実はサポニンのせいだと言われています。

また、高麗人参はその歴史の長さから様々な名前があります。
朝鮮人参やオタネニンジンというのも、全く同じ植物を指しています。
他にも地方によって名前が異なり、世界中で数百もの名前で呼ばれています。

そんな素晴らしい薬効を持った高麗人参も、もちろんコエンザイムQ10と同時摂取が可能です。キレイな肌を手に入れたい方も、メタボリックシンドローム対策を考えている方も、動脈硬化を防ぎたい方も、コエンザイムQ10と高麗人参の無敵の布陣をためしてみて下さい。

画像