コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

ビタミンは体の味方!

健康を手に入れるためには、コレステロール値を下げて血液をサラサラにするのが大きなポイントです。これによって、動脈硬化や高血圧をはじめとする生活習慣病を防ぐことが出来ます。

コレステロール値を下げるにはコエンザイムQ10などの健康成分を摂取するのが効果的です。もちろん、医薬品ではないので継続的に摂取するのが大切な心得です。それさえできれば、コエンザイムQ10は血液をサラサラにしてくれます。

もちろん、コエンザイムQ10以外にもコレステロール値を抑えてくれる成分はあります。その代表的な存在がビタミン類です。

近年の食の欧米化が祟って、私たち日本人は慢性的に野菜が不足していると考えられていますが、ビタミン類は野菜に多く含まれているため、結果的にはビタミンも不足してしまっているという状態にあります。

だからこそ、しっかりと意識してビタミンを摂る必要があるのです。

このサプリには様々な栄養が入っています。

ビタミン類

ビタミンはタンパク質や脂質、糖質などと並んで五大栄養素に数えられる栄養です。そのため、人間の身体にとって必要不可欠な存在と言えます。

ビタミンのなかでも、特にβ-カロテンやビタミンB群、ビタミンCやビタミンEには血液をサラサラにしてくれる効果があります。

結果的には、それが動脈硬化や狭心症、心筋梗塞や脳卒中などを防ぐ効果があると考えられており、 その他にも生活習慣病全般を防ぐのに大きな役割を果たすことになるのです。

動脈硬化が原因となって引き起こされた心臓病の患者の血液の多くは、βカロテンやビタミンCなどが不足していることが判明しており、血液中のLDLコレステロールは、酸化して変成することによって血管に沈着しやすくなります。

動脈硬化はコレステロールが酸化することによって引き起こされるため、酸化を防ぐβカロテンの不足は致命的なのです。

この他にも、ビタミンにはコレステロールや酸素の酸化を抑える抗酸化力を備えているものが多いため、しっかりと摂取するべきだと言われています。

もちろん、先述したコエンザイムQ10も強力な抗酸化物質の一つですから、積極的に摂取しましょう。

食品から摂取

コエンザイムQ10はサプリメントからの摂取がベストですが、
その他のビタミン類は食品から摂取したいところです。

では、どんな食品をとれば効率的にビタミンがとれるのでしょうか?

βカロテンやビタミンC、ビタミンEを豊富に含むものとしては、「かぼちゃ」や「ホウレンソウ」が挙げられます。 また、βカロテンの摂取にはニンムQ10です。

画像