コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

健康に痩せるためのテクニック

高血圧で太っている人(メタボリックシンドロームなどの肥満状態にある人)は、血圧が高くても太っていない人、太っていても血圧が高くない人に比べて極めて危険な状態にあると言っても過言ではないほど心筋梗塞を起こしやすい状態だということが明らかになっています。

若い頃に標準的な体重だった場合には、成人した後もそれを保っている人は高血圧になりにくいのですが、成人後に太り始めてしまった場合には高血圧になるリスクは前者に比べる と数倍高くなってしまいます。統計によれば4倍から5倍程度のリスクを背負うことになるのです。

そして、高血圧治療に投薬を行っている場合には、肥満が薬を効きにくくすることも考えられます。さらに、メタボリックシンドロームを解決することが出来れば、同時に高血圧が改善できるケースも少なくありません。

これだけでも十分に肥満の危険性がわかると思いますが、このほかにも肥満状態を避けた方が良い理由は沢山あります。

例えば、肥満は心臓への負担を大きくしますし、体内の食塩が排出されにくくなることもわかっています。そして、ストレスなどがかかった時に血圧が急上昇してしまうという危険も考えられています。

また、肥満状態になることによって、血中のコレステロールや中性脂肪、血糖値や尿酸値などが増加することも考えられます。

それによって善玉のコレステロールが減少してしまうことも大きな問題点です。
これは様々な生活習慣病の発症原因になっている項目として挙げられるうえに、脳卒中や心筋梗塞などのリスクを高めることにもなります。

それなら、薬を飲めばいいと考える人もいるかもしれません。
しかし、医薬品にはどうしても副作用のリスクが付きまといます。
そのため、まずは何よりも最初に肥満の解消が大切なのです。

健康的に痩せるための食べ方

1・標準体重を調べて、一日に必要なエネルギー量を計算する

一日に必要なエネルギーは標準体重1キロに対して、30キロカロリー程度だと考えられています。重労働の場合は、一キロに対して35キロカロリーです。

これ以上のカロリーを摂取すれば太ってしまうということがわかっていれば、一日の食事量もおのずとわかってくるはずです。

2・タンパク質は植物性と動物性を半分ずつ

植物性は大豆などの豆類から摂取することがおすすめです。
大豆にはタンパク質の他にイソフラボンhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.asia/という
女性ホルモンに似た働きをしてくれる成分も含まれています。
このイソフラボンは美容にとても効果的なので大豆がおすすめというわけです。


3・脂肪は摂り過ぎないようにする

4・一日三食食べる

▼野菜不足の人は青汁も一緒に飲みましょう。



5・ビタミンやミネラルの栄養素を優先的に摂取する

6・コエンザイムQ10の摂取を心がける

コエンザイムQ10は、血中のコレステロール値を抑えてくれる効果があるため、ダイエットに適切な栄養素として知られています。

例えば、コチラのアイテムはダイエットに最適です。

画像