コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

血圧を下げるにはCoQ10

血圧はなぜ上がってしまうのでしょうか?
そもそも高血圧になってしまう原因は一体どこにあるのでしょうか?
ここでは、その点に関しての疑問を丁寧に解消していきます。

まず、第一に知っておきたいのが「原因がわからない高血圧がほとんど」だという事でしょう。

血圧を決める要因は血流量と血管抵抗ですが、なぜ、これらの要因が発生するのかという点に関しては未だに明らかにはなっていないのです。

そして、現代人が悩まされている高血圧のほとんどが、このように原因不明だと言われていて、これを本態性高血圧と呼びます。

その一方で、原因が「他の病気」にある場合は二次性高血圧と言います。

本態性高血圧の原因は、現在でも様々な機関で研究がおこなわれています。しかし、これによって血圧が上昇するメカニズムはいまだに決定的な結論を得られずにいます。

しかし、原因として考えられている要因はいくつか浮かび上がっているというのが事実です。それが遺伝や食事習慣、そして生活習慣です。

また、複雑な環境因子も影響しているというのが研究者の共通見解です。

血圧に悪影響を与えると考えられている環境因子には下記が挙げられます。

・たばこ
いわずもがな身体に悪影響を与える代表格です。

・食事
コレステロールや食塩の過多が大きな原因として挙げられます。

・アルコール
少なければ「百薬の長」とも言えますが、飲みすぎは体に毒です。

このなかでも最も大きな影響を血圧に与えているのが食事のバランス。
特に塩分の多い食事をとる人は注意が必要だと考えられています。
実際にデータのうえでも、食塩を少量しかとらない人は年齢を重ねても高血圧になる可能性がきわめて低いとされており、その反面で、食塩を多くとる食習慣のある人は、年齢とともに高血圧を圧勝する人が多くなっています。

日本人には、この傾向が強いと言われており、それゆえに塩分の摂り過ぎには注意が必要だといえるでしょう。

健康な人が塩分を摂り過ぎると、細胞の外にナトリウムが多い状態になります。このままでは、細胞のなかにどんどんナトリウムが入り込んでしまいます。そして、細胞がそれらを追い出してカリウムをなかにいれてバランスをとろうとするのです。

そして、外へ出されたナトリウムは腎臓によって排除されます。

従来は、このメカニズムで身体が守られますが、あまり頻度が高かったり、塩分を多く摂り過ぎると高血圧の原因となるのです。

しっかりと食生活を管理するのがもっとも効率的な予防手段でしょう。

同時にコエンザイムQ10のような健康成分も摂ると良いかもしれません。
コエンザイムQ10は、もうひとつの原因であるコレステロール値をしっかりと抑え込んでくれるのです。

具体的にオススメなのはコチラです。

また、セサミンにも血圧を下げる働きがあるそうなので詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

画像