コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コレステロールが原因の病気

コレステロールは様々な病気の原因となります。
その為、出来るだけその値を引き下げるように努力しなくてはいけません。

そんなコレステロール値の低減に効果を発揮するのがコエンザイムQ10です。

コエンザイムQ10はCoQ10とも呼ばれている成分で、
コレステロールや中性脂肪などを抑え、抗酸化力で身体を守る働きもあります。

では、コレステロールの過多が原因となって引き起こされる病気には具体的にはどんなものがあるのでしょうか?

ここでは、その詳細についての解説を行っています。

こんな人は要注意!

血液中にコレステロールが増えても、殆どの人は気が付きません。
いわゆる自覚症状が殆どといっていいほどないからです。

そして、健康診断などでやっとコレステロール値が高くなっていることを知らされるわけですが、気にしなかったり、対策を講じない人が多いようです。

とはいっても、高コレステロール血症の状態を放置してしまえば、何の症状もないままに動脈硬化が進行してしまって、結果的には心筋梗塞や脳梗塞などにつながってしまう危険さえあります。

そのため、コレステロール値が高いということがわかったら直ぐに何らかの行動をおこしましょう。

それが「動脈硬化」の予防につながります。

動脈硬化の危険因子として挙げられるのは、具体的には糖尿病や高血圧、メタボリックシンドローム、ストレス、喫煙などです。

これらの危険因子は増えれば増えるだけお互いに合併症を誘発します。
そして、動脈硬化を進行させて重篤な疾患のリスクを高めてしまいます。

その前にコレステロール値を下げて、これらの危険因子を少しでも減らしていくことが肝心なポイントになるでしょう。

心臓や血管を傷め続ける前に

コレステロール値が高くなるという事は、それだけ血液がドロドロになっていくという事を指しています。そして、結果的には高血圧を引き起こす原因にもなるでしょう。

本来の血管は、血液が流れるときの圧力に耐えられるだけの柔軟さと弾力を持っているのですが、老化などの要因から血管の弾力性が低下してしまった場合には、血流の圧力、つまり血圧による負担は大きなものとなります。

高血圧になれば、なおさら血流は血管を傷めることになります。

傷ついた部分からは、血液成分が血管壁内部へと入り込んでしまい、血液成分の中の悪玉コレステロールであるLDLが沈着してしまいます。

こうなると、最終的には粥状硬化が出来てしまい、
臍動脈が傷ついて動脈硬化が進みます。

そうなる前に、コエンザイムQ10などのサプリメントを摂取したり、適度な運動や食生活に気を付けるなどの工夫をしましょう。

画像