コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コレステロールとは?

コレステロールとは、ずばり脂肪の一種のことです。
全ての動物が体のなかに保有している成分であり、
人間の体内はもちろんのこと、肉や卵などの食品にも含まれているのです。

このコレステロールが身体の中に蓄積されすぎてしまうと、
動脈硬化や、それと合併して発症する可能性が高いと言われている心筋梗塞や脳梗塞などの疾患のおおきな原因となります。

その為、なんとなく悪いイメージが強くなりがちですが、
コレステロールは「栄養」として人間に必要不可欠な成分に変わりありません。

ヒトの体内にある脂質は大きくわけて、
中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸、コレステロール
この四種類に大別されています。

そして、中性脂肪と遊離脂肪酸はエネルギーの貯蓄を担当。
リン脂質とコレステロールは身体を構成するという働きがあります。

人間の体内に含まれているコレステロールは一般的な値だと、
およそ100~150gぐらいだと言われており、おもに神経系や筋肉などに多く含まれていると考えられています。

必要とされる臓器までは血液を媒体として、運搬が行われており、
それ故に、血液のなかには常にコレステロールが存在することになります。

一日に必要なコレステロールの量は1gから2g程度ですが、
そのうち、食事で摂取するのは一般的に三割から五割です。

もちろん、食事から摂取するコレステロールの量は毎日違うでしょう。
人間の体が、その摂取量に応じて体内での合成を抑えたり促進させたりします。
自動的に身体の方で量を調整してくれるわけです。

しかし、大量のコレステロールを常に摂取する状況になってしまったり、
体内での合成を調整する機能が上手く働かない場合は危険です。

身体のなかに過剰にコレステロールが存在する状態になり、
肥満や生活習慣病のリスクを大きく高めることになります。

そこで、活躍してくれる成分が「コエンザイムQ10」という栄養素。
コレステロール値を適切に管理してくれる効果があります。

コエンザイムQ10は主にサプリメントで摂取するのが理想的と言われています。

コレステロール値を正常に調整してくれる効果によって、
下記のような好影響があらわれるでしょう。

・体温を保ち、内臓を守る
・生活習慣病(糖尿病や高血圧を防ぐ)
・動脈硬化を防いで、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐ
・ダイエット効果

コエンザイムQ10はコレステロールと大きな関係があります。
血液検査などで気になっている方はサプリメントで摂取してみましょう。

画像