コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10の摂取に上限はある?

美容と健康の両面で大きなメリットを与えてくれるコエンザイムQ10ですが、摂取量には上限があるのでしょうか?ここではコエンザイムQ10の用途別に、適切な摂取量を紹介します。

目次

1.コエンザイムQ10は安全性が高い栄養素
2.コエンザイムQ10の摂取目安量は?
3.コエンザイムQ10を病気のケアのために摂取するなら?
4.まとめ

1.コエンザイムQ10は安全性が高い栄養素

サプリメントから成分を摂取する場合、気になるのが摂取量の目安です。過剰摂取すると重大な副作用が起こり得るため、しっかりと目安量を守りたいと思うでしょう。

しかし、コエンザイムQ10は摂取目安量が非常にアバウトな栄養素です。その理由は、この栄養素が極めて高い安全性を誇るため。もともと人体で生産されている生命維持に必要不可欠な栄養素ですから、そこまで摂取目安量にこだわらなくても良いのです。

とはいえ、あまりにも多量に摂取すると、コエンザイムQ10であっても副作用が起こる可能性は否定できません。次に目的別の摂取目安量をまとめるので、参考にして下さい。

2.コエンザイムQ10の摂取目安量は?

コエンザイムQ10は、用途によって摂取目安量が大きく変動します。

・健康的な生活を送りたい人は30mg
・スポーツをしている、あるいは高齢者の人は60~100mg
・体調が優れない時や、疲労時は200~300mg

スポーツをしている人は、それだけエネルギーを多く生産する必要があります。コエンザイムQ10は細胞小器官”ミトコンドリア”によるエネルギー変換をサポートするため、活発に運動する習慣がある人はぜひ60~100mgを目安に摂取して下さい。

また、歳を取るとコエンザイムQ10の生産量・吸収率が低下するため、若い人よりも多めに摂取しておく必要があります。

体調不良時・疲労時にコエンザイムQ10を摂取すると、体調の回復・疲労の回復をサポートしてくれます。積極的に摂取しましょう。

どの用途でコエンザイムQ10を摂取するにしても、最大摂取量は300mg以下に抑えておくのが安全でしょう。あまりにも多量に摂取すると、動悸や胃痛・食欲低下などの副作用が起こるかもしれません。

3.コエンザイムQ10を病気のケアのために摂取するなら?

先ほど紹介した摂取目安量は、病気にかかっていない健康体の人を対象にしています。しかしコエンザイムQ10は病気のケアにも用いられている栄養素です。ここでは病気別の摂取目安量をまとめます。

・高血圧の人は120~200mg(2回に分割すると良い)
・心筋梗塞を起こしたことがある人は120mg(同上)
・偏頭痛を防ぎたい人は100mg(3回に分割すると良い)
・筋ジストロフィーの人は100mg
・男性で不妊症の人は200~300mg
・ミトコンドリア障害の人は150~160mg

ミトコンドリアの働きを助け、さらに高い抗酸化作用があるコエンザイムQ10は、このように様々な病気のケアに活用されています。健康体の人でも摂取すれば生活習慣病の予防になるので、健康的で若々しく毎日を送りたいならぜひ継続的に摂取したい栄養素の1つです。

4.まとめ

コエンザイムQ10は非常に安全な栄養素であるため、明確に摂取目安量は定められていません。しかし、300mg以下の摂取に押さえておくと安全でしょう。健康体の人が健康を維持するだけでなく、病気の人が症状をケアするためにもコエンザイムQ10が役立ちます。自分の用途によって摂取量を調整して、継続的に摂取しましょう。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪