コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10の体内合成力が低下する年齢とは?

コエンザイムQ10は体内で合成される物質で、体の衰えに伴ってその体内合成力は少しずつ減少してしまいます。ここでは、コエンザイムQ10の体内における合成量を解説します。サプリメントを飲み始める時期の参考にして下さい。

目次

1.コエンザイムQ10の合成について
2.コエンザイムQ10の合成量のピークと衰え
3.まとめ

1.コエンザイムQ10の合成について

コエンザイムQ10とは、生命活動に必須のビタミン様物質です。ビタミンに類似した生理作用を持つ一方で、ビタミンとは違い体内で合成できるためビタミン様物質に分類されています。脂溶性物質のため水にはほとんど解けず、見た目は黄色~オレンジ色の結晶性の粉末。主に心臓・腎臓・肝臓・筋肉などのミトコンドリアに含まれています。

ミトコンドリアとは細胞小器官の一種で、栄養素のエネルギー変換を司っています。ミトコンドリアが正常に働かないと生物は死んでしまうため、非常に重要な器官です。

コエンザイムQ10は主に腎臓で合成されます。途中までは合成の経路がコレステロールと同じため、コレステロール値を減少させるスタチン系の薬剤を摂取すると、コエンザイムQ10の合成量まで減少することが証明されています。

2.コエンザイムQ10の合成量のピークと衰え

コエンザイムQ10は生命を維持するためになくてはならない物質ですが、20代をピークに合成力は衰えていきます。30代はまだそれほど影響がありませんが、40代になると一気に老け込んだり、疲れやすくなったりする可能性が。40代になると、心臓におけるコエンザイムQ10の合成量はピーク時の70%にまで減少するのです。

コエンザイムQ10はミトコンドリアにおけるエネルギー変換のサポートを行う物質であるため、コエンザイムQ10の減少は細胞レベルの活動量が落ちてしまうということです。エネルギー不足になり、臓器の活動力・免疫力まで低下しますから、40代になって急に症状が現れるのも頷けます。

各臓器におけるコエンザイムQ10の合成量は、40代で以下の数値にまで落ち込みます。

・肝臓……95.3%
・腎臓……72.6%
・心臓……68.2%

肺のコエンザイムQ10合成量は40代の時点でピーク時のほぼ100%ですが、50代頃から急激に減少するため注意して下さい。80代になると51.7%にまで減少します。

前述の通り、コエンザイムQ10の体内合成力のピークは20代で、急激に落ちるのは40代です。40代からのコエンザイムQ10不足による諸症状を防ぐためには、30代からコエンザイムQ10を摂取するのがベストであると考えられます。

・疲れやすさ
・息切れ
・倦怠感
・動悸
・性欲の低下

などの症状の予防効果が期待できます。コエンザイムQ10は食事からの摂取が難しいので、できればサプリメントから効率的に摂取して下さい。食材には大した量が含まれていないためです。

3.まとめ

コエンザイムQ10の体内合成力は20代でピークに至り、その後は減少の一途を辿ります。特に40代は疲れやすさなどの症状が現れてきますから、30代頃から予防目的でサプリメントからコエンザイムQ10を摂取することをおすすめします。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪