コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10サプリが合う人は?

高い抗酸化作用を持つため、美容と健康のために活用されているコエンザイムQ10。具体的にはどのような人に向いているのでしょうか?ここではコエンザイムQ10をぜひ飲むべき人の種類を5つまとめました。

目次

1.コエンザイムQ10を飲むべき人
 1-1.妊活中の人
 1-2.疲れている人
 1-3.低血圧・不整脈の人
 1-4.肥満の人
 1-5.アンチエイジングしたい人
2.まとめ

1.コエンザイムQ10を飲むべき人

1-1.妊活中の人
コエンザイムQ10にはアンチエイジング効果があり、卵子や精子にも良い影響を与えてくれます。男女別にコエンザイムQ10の効果をまとめました。

・女性の妊活
女性が不妊になってしまう原因は、卵子が老化することです。年齢と共に活性酸素の量が増えると、酸化によって卵母細胞(卵子を形成する細胞)が傷つけられ、卵子が老化してしまいます。
卵子が老化する原因は活性酸素ですから、活性酸素の量を減らせば老化を防げます。ここで役立つのがコエンザイムQ10です。コエンザイムQ10には高い抗酸化作用があるため、見た目だけでなく卵子まで若々しく保つ効果が期待されています。
コエンザイムQ10は卵子の老化を防ぐだけではなく、成熟を促進する働きもあります。なぜなら、コエンザイムQ10はミトコンドリアのエネルギー産生を助けるためです。
ミトコンドリアは卵巣で卵子が育つのを助けるため、コエンザイムQ10によってその働きが活性化すれば、卵子が早く健康的に成熟するでしょう。実際に高齢女性がコエンザイムQ10を摂取して、成熟した卵子の数が増えたという報告があります。

・男性の妊活
男性がコエンザイムQ10を摂取すると、精子の質が良くなると言われています。女性と同様に、活性酸素量が減ることによって精子の老化を防止しているのでしょう。
また、ミトコンドリアが活性化するため、精子の運動エネルギーが増えて活発に動くようになります。精子の運動能力は卵子に辿り着く確率に直結するため、不妊治療のためにはぜひ注目しておきたい点です。

1-2.疲れている人
栄養をうまくエネルギーに変換するためには、ミトコンドリアがしっかりと働く必要があります。年齢を重ねると疲れやすくなるのは、ミトコンドリアの働きが弱くなるため。その原因の1つはコエンザイムQ10の不足です。コエンザイムQ10にはミトコンドリアのエネルギー産生を助ける働きがあるからです。
「疲れやすくなった」「疲労が溜まっている」と感じている人は、コエンザイムQ10を摂取してミトコンドリアの働きを回復させましょう。エネルギーがスムーズに産生され、疲れやすさを緩和する効果が期待できます。
栄養ドリンクでも疲労回復効果はありますが、糖分が多い・効果が一時的など多くのデメリットがあります。一方でコエンザイムQ10は即効性がないものの、体質を疲れにくく変化させるため持続性があるのがメリットです。

1-3.低血圧・不整脈の人
コエンザイムQ10は、かつてノイキノンという医薬品に用いられていました。ノイキノンはうっ血性心不全患者に用いられていた薬であるため、コエンザイムQ10は心臓に良い影響を与えると考えられます。
実際、コエンザイムQ10は血中のコレステロール値を押さえて動脈硬化などの生活習慣病を防ぎ、心臓への血液供給を助ける働きがあります。
副作用がない代わりに高い効果は期待できませんが、軽い低血圧や不整脈がある人はコエンザイムQ10がおすすめです。心臓に血液が十分に送られ、症状が改善するかもしれません。

1-4.肥満の人
前述した通り、コエンザイムQ10はコレステロール値を減少させる働きがあります。さらにミトコンドリアによるエネルギー産生もサポートするため、肥満を解消したい人にはうってつけの成分でしょう。
コエンザイムQ10は人体の代謝経路に関与する成分であるため、摂取すれば代謝が上がりダイエットの効率がUPすると考えられます。ぜひコエンザイムQ10を摂取しつつ、有酸素運動や筋トレを継続しましょう。
注意点として、代謝が上がると食欲も上がりがちです。食べ過ぎて余計に肥満にならないように気をつけて、コエンザイムQ10を活用しましょう。

1-5.アンチエイジングしたい人
コエンザイムQ10は抗酸化作用があるため、老化に伴う肌のたるみ・シワ、身体機能の衰えをケアします。美容面でも健康面でも、年齢に負けず若々しくいたい人はぜひ摂取しましょう。
コエンザイムQ10の生産量は20台をピークに減少するため、30代など若い人がアンチエイジング目的で摂取しても構いません。もともと人体で生成されている安全な物質のため、積極的に飲んでも副作用は起こりにくいでしょう。
体調や目的によっておおまかな目安量が定められていますから、摂取量を決める参考にして下さい。
・健康維持:30mg
・スポーツをしている人や高齢者:60~100mg
・体調不良時・過度の疲労時:200~300mg

2.まとめ

コエンザイムQ10は、一般的に知られている疲労回復やアンチエイジングだけでなく、妊活や肥満・心臓のケアにも用いられている成分です。美容と健康の双方に大きなメリットを与えてくれるため、自分の体調や年齢に合わせて積極的に摂取すると良いでしょう。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪