コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10の安全性

健康維持に適していると言われるコエンザイムQ10ですが、安全性は高いのか気になるところです。ここではコエンザイムQ10の安全性を調査し、副作用を防ぐための摂取目安量をまとめました。

目次

1.コエンザイムQ10は安全な成分
2.コエンザイムQ10の摂取量目安を守ろう
3.まとめ


1.コエンザイムQ10は安全な成分

疲労回復やアンチエイジング効果が注目されているコエンザイムQ10。ビタミンのように生命活動に必須の栄養素ですが、ビタミンとは違い体内で生産できるため「ビタミン様物質」に分類されています。

コエンザイムQ10は、生命活動に必須の体内のエネルギー生産を助ける栄養素ですから、安全性は間違いなく高いと言えるでしょう。
人体に置いて、コエンザイムQ10には以下の役割があります。

・細胞小器官”ミトコンドリア”のエネルギー変換をサポートする。
・抗酸化作用により、活性酸素の働きを抑制する。

もしもコエンザイムQ10が無くなってしまうと、人間はエネルギーの供給がうまく行かず、鼓動が止まってしまうでしょう。また、活性酸素によって細胞が傷つけられ、認知症や糖尿病などの発生リスクが高まります。それだけコエンザイムQ10は健康に生きる上で大切な役割を担っているのです。

2.コエンザイムQ10の摂取量目安を守ろう

コエンザイムQ10は体内で生産される栄養素とはいえ、外部から過剰に摂取すると副作用が起こる可能性があります。コエンザイムQ10が水溶性ビタミンであれば過剰分は尿と共に排出されるのですが、脂溶性ビタミンであるため排出できないのです。

コエンザイムQ10の摂取目安量は、用途や健康状態によって変動します。その理由は、この物質がもともと体内に存在する極めて安全な物質だからです。副作用の危険性は低いものの、以下に記載する摂取目安量を参考に摂取しましょう。

・健康維持:30mg
・スポーツをしている人や高齢者:60~100mg
・体調不良や疲労時:200~300mg

最大でも300mg程度の摂取量に留めておけば、副作用が起こる可能性は限りなく低いと考えられます。しかし念のため、以下の症状が起こったら使用を控えて下さい。

・動悸
・胃痛
・食欲低下
・肝機能障害

コエンザイムQ10のおすすめの摂取方法は、油脂類と共にサプリメントを飲むことです。脂溶性ビタミンに属するコエンザイムQ10は、肉の脂やサラダ油などに溶け込んで、吸収率が高まります。

特に中年以降はコエンザイムQ10の吸収率が低下するため、ぜひ油脂類との組み合わせを意識してください。

3.まとめ

コエンザイムQ10は、体内で生産される生命維持に欠かせない栄養素です。極めて安全性が高いため、余程の量を過剰摂取しない限りは副作用の心配はないでしょう。目安として、300mg以下に抑えておけば安全です。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪