コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10の還元型はどんな人に向いている?

コエンザイムQ10には、3種類の型があります。型によって吸収率や価格が異なるため、自分の年齢や経済状況に合わせて選ぶのがおすすめです。ここでは「酸化型」「還元型」「発酵型」それぞれの型について説明し、還元型はどんな人に向いているか説明します。

目次

1.コエンザイムQ10の3種類の型とは?
 1-1.酸化型
 1-2.還元型
 1-3.発酵型
2.還元型コエンザイムQ10が向いている人は?
3.まとめ


1.コエンザイムQ10の3種類の型とは?

まずはコエンザイムQ10の型を知り、それぞれのメリットとデメリットを確認しましょう。

1-1.酸化型
最も古くから利用されているコエンザイムQ10の型です。合成法によってコエンザイムQ10を生成・抽出します。合成法は化学合成によって成分を生成する方法で、これによって生成されたコエンザイムQ10はあまり吸収率が高くないことが知られています。
吸収率が高くないため効果を実感しにくいものの、安価にコエンザイムQ10を生成できるのが大きなメリットです。

1-2.還元型
最も高い吸収率を誇るコエンザイムQ10の型です。人体のコエンザイムQ10と構造が類似しているため吸収しやすいのです。酸化型を還元した状態の型であると考えて下さい。
コエンザイムQ10の還元状態を保つのが難しいため、高い技術が必要です。また、コストもかかるため、どうしても還元型のコエンザイムQ10は高価になります。
高価なぶん吸収率は非常に高いため、価格だけ見て敬遠するのはもったいないと言えるでしょう。

1-3.発酵型
従来の酸化型コエンザイムQ10は「合成法」によって作られていましたが、昨今は「発酵法」によって作られたものも出回っています。これが発酵型コエンザイムQ10です。
植物由来の成分を微生物に発酵させてコエンザイムQ10を生成・抽出します。酸化型よりも吸収率が高く、還元型よりも価格は安いため、両者の中間的な立ち位置であると言えます。
酸化型では効果は実感できないけれど、還元型は高すぎて手が出ないという人は、発酵型を検討してみましょう。

2.還元型コエンザイムQ10が向いている人は?

コエンザイムQ10の3つの型を比較すると、還元型コエンザイムQ10は以下の特徴があるとわかります。

・最も吸収率が高い
人体にしっかり吸収されるため、効果を実感しやすくなります。

・最も価格が高い
高い技術とコストが必要なため、価格が高くなります。

これらの特徴を考慮すると、還元型コエンザイムQ10が向いている人は以下に当てはまる人であると言えるでしょう。

・40代以降の人
40代になると、コエンザイムQ10の人体における生成量がガクッと減少し、さらに外部からの吸収効率も減少します。吸収率の高い還元型コエンザイムQ10で十分に補う必要があります。

・酸化型や発酵型では効果が出ない人
吸収率の低い酸化型・発酵型のコエンザイムQ10では効果を実感できない場合、吸収率の高い還元型コエンザイムQ10を摂取すれば効果が現れるかもしれません。

・経済的に余裕がある人
還元型コエンザイムQ10は、相場が4,000~7,000円です。より品質が良いものなら10,000円を超える場合もあります。吸収率が高いという最大のメリットがあるため、若くても経済的に余裕があるならぜひ還元型コエンザイムQ10を選んで下さい。

3.まとめ

コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」「発酵型」の3つの型があります。還元型コエンザイムQ10は高価ですが非常に高い吸収率を誇るため、40代以降の人や、別の型では効果が実感できない人にたいへんおすすめです。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪