コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10サプリの製造方法

目次

1.コエンザイムQ10は製造方法が重要な成分
2.コエンザイムQ10の2種類の製造方法
 2-1.合成法
 2-2.発酵法
3.コエンザイムQ10は発酵法がおすすめ
4.まとめ

1.コエンザイムQ10は製造方法が重要な成分

コエンザイムQ10は、強力なアンチエイジング効果で有名な成分です。抗酸化作用によって肌や臓器など各部の若々しさを保つ役割があるため、美容・健康の両面で大きなメリットがあります。

コエンザイムQ10からこれらのメリットを得るためには、「製造方法」に注目する必要があります。というのも、コエンザイムQ10は製造方法によって吸収率が大きく異なるためです。特に栄養素の吸収効率が悪くなる中年期以降の人は、より吸収率の高い製造方法を選ぶと良いでしょう。

次はコエンザイムQ10にはどのような製造方法があるのかをご説明します。

2.コエンザイムQ10の2種類の製造方法

コエンザイムQ10は、「合成法」と「発酵法」のいずれかの製造方法によって作られます。

2-1.合成法
タバコ由来の成分(ナス科の植物の葉)を原料とします。低コストで製造できますが、高い品質の維持が難しいとされています。また、発酵法に比べて吸収率は低めです。

メリット
・低コストで製造できる

デメリット
・吸収率が低い
・化学成分が入っている

2-2.発酵法
天然の酵母と細菌から成分を抽出します。抽出された成分はまだコエンザイムQ3であるため、その後は化学合成によってQ10に作り変えます。時間がかかりますが、純度の高いコエンザイムQ10を製造できます。値段が高い分、吸収率も高いです。

メリット
・吸収率が高い
・完全天然植物由来

デメリット
・コストが高い

3.コエンザイムQ10は発酵法がおすすめ

発酵法のコエンザイムQ10が用いられている製品は、価格が高いものの吸収率も高いです。若いうちは合成法のコエンザイムQ10でも構いません。しかし、40代以降は値段よりも吸収率を重視して製品を選んで下さい。

というのも、コエンザイムQ10の吸収率の低さは、数多くの栄養素と比較しても群を抜いていると言われているためです。メーカーは吸収率が上がるように努力していますが、やはり合成法よりは発酵法を選んだ方がより効率的に吸収でき、結果的にコストパフォーマンスも高くなるでしょう。

コエンザイムQ10は人間の体内で生成されているビタミン様物質であるため、適量を守れば20代から摂取を始めても問題ありません。ちょうど20代をピークに生成量が減少していくため、若いうちから摂取を始めることをおすすめします。

合成法のなかでも吸収率が高くなる製造方法が編み出されつつあるため、20代~30代前半は合成法のコエンザイムQ10でもある程度の効果は実感できるかもしれません。

4.まとめ

コエンザイムQ10の製造方法は「発酵法」と「合成法」の2種類です。もともと吸収率が低い成分であるため、比較的吸収しやすい発酵法のコエンザイムQ10をおすすめします。ただし製品の値段が高くなるため、20代~30代前半なら合成法を試してみるのも良いでしょう。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪