コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10の酸化型とは?

コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」「発酵型」の3つの型があります。
ここではそれぞれの型について説明したうえで、特に酸化型について深く掘り下げてご紹介します。

目次

1.コエンザイムQ10の3種類の型とは?
2.酸化型コエンザイムQ10について
3.酸化型コエンザイムQ10が向いている人
4.まとめ


1.コエンザイムQ10の3種類の型とは?

コエンザイムQ10は、製造方法によって型が変化します。

・酸化型
化学合成によって生成したコエンザイムQ10の型。最も安価で、最も吸収率が低い。

・還元型
酸化型を人体におけるコエンザイムQ10の構造に変化させた型。最も効果的で、最も吸収率が高い。

・発酵型
植物由来の成分を天然の酵母と細菌に分解させ、抽出したコエンザイムQ10の型。酸化型よりも吸収率が高く、還元型よりも安価。

それぞれに長所と短所があるため、年齢や経済状況によって使い分けることが推奨されています。それでは酸化型はどのような特徴があり、どんな人に向いているのでしょう?

2.酸化型コエンザイムQ10について

酸化型コエンザイムQ10は、医薬品のノイキノンに用いられていたコエンザイムQ10です。ノイキノンはうっ血性心不全の薬として活用されていましたが、現在は効果の薄さからほとんど流通していません。

コエンザイムQ10が吸収されるためには還元型に変換する必要があるため、酸化型コエンザイムQ10は酸化型→還元型と変換する手間のために吸収率が低いのが特徴です。

その代わりに、タバコ由来の成分(ナス科の植物の葉)を原料に低コストで生成できるため、酸化型コエンザイムQ10が用いられたサプリメントは安価であるのが大きなメリットです。

「吸収率が高く安価」という特徴から、酸化型コエンザイムQ10は以下に当てはまる人に向いているでしょう。

3.酸化型コエンザイムQ10が向いている人

・コエンザイムQ10をはじめて摂取する人
お試しでコエンザイムQ10を摂取してみたい人は、安価な酸化型が向いています。

・20代~30代の人
人間が体内で生成できるコエンザイムQ10の量は、20代でピークを迎えます。まだ若い20~30代の人は酸化型でも不足分を補えるかもしれません。40代の人はピーク時の約80%に減少し、60代になると約50%にまで激減するため、還元型か発酵型を選びましょう。

・金銭的に還元型と発酵型は手が出ない人
酸化型コエンザイムQ10は、相場が700~1500円と非常に安価です。一方で還元型は4,000~7,000円、発酵型は1,500~3,000円程度が相場です。かなりの価格差があります。金銭的に吸収率よりも安さを優先したい人は、酸化型を選んで下さい。

「酸化型」「還元型」「発酵型」それぞれの型にメリットとデメリットがあるため、年齢や経済状況が変化したらコエンザイムQ10の型も変化させることをおすすめします。

4.まとめ

コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」「発酵型」の3種類が存在します。酸化型は古くから用いられているコエンザイムQ10の型で、低コストで生産できるため安価に入手できます。

ただし、吸収率が低い事には注意しましょう。コエンザイムQ10初心者・若い人・金銭的に費用を押さえたい人はぜひ酸化型コエンザイムQ10を試してみましょう。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪