コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10が代謝を促進する理由とは?

コエンザイムQ10は体の代謝を促進して疲れにくくしますが、その具体的な理由は何なのでしょうか?コエンザイムQ10と細胞小器官”ミトコンドリア”の関係性から理由をまとめました。

目次

1.コエンザイムQ10と2つの働き
2.コエンザイムQ10とミトコンドリア
3.まとめ

1.コエンザイムQ10と2つの働き

コエンザイムQ10とは、特に肉類や魚介類に含まれている脂溶性のビタミン様物質です。ビタミンと類似した生理活性を持ちますが、ビタミンとは異なり体内で合成されているためビタミン様物質に分類されています。

コエンザイムQ10の主要な働きは以下の2点です。

・抗酸化作用
・ミトコンドリアの活性化

抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑える作用のことです。活性酸素は酸素の代謝過程で発生する物質であり、少量なら免疫機能の向上に貢献しますが、過剰になると細胞にダメージを与えます。

抗酸化作用によってこの活性酸素の働きを抑制すれば、細胞のダメージによる病気のリスク低減・アンチエイジングなどの効果が期待できます。コエンザイムQ10が美容と健康に良いと言われている理由の1つは、この物質の優れた抗酸化作用です。

ミトコンドリアとは、エネルギー産生を受け持つ細胞小器官の一種です。炭水化物や糖質の代謝により、人体が活動するためのエネルギーを生み出しています。

コエンザイムQ10によって疲れにくくなる大きな理由は、ミトコンドリアの働きがコエンザイムQ10によってサポートされているためです。次の項目で詳しく説明します。

2.コエンザイムQ10とミトコンドリア

ミトコンドリアは生命活動をするために必要不可欠なエネルギーを生み出す細胞小器官であるため、働きが鈍ると、エネルギー不足に陥って臓器や筋肉の働きも鈍ってしまいます。これが疲れやすさの原因です。

特に40代頃から疲れやすさは顕著に現れますが、実はこの症状にはコエンザイムQ10の減少が絡んでいます。なぜなら、コエンザイムQ10はミトコンドリアの働きを維持する働きがあり、40代頃から急激に減少するためです。

疲れやすさ以外にも、代謝の低下による太りやすさも40代頃から気になる人が多いでしょう。これにもコエンザイムQ10が関与しています。ミトコンドリアは炭水化物や糖質のエネルギー変換を受け持っていますから、働きが鈍ると、炭水化物や糖質が余って脂肪になってしまうためです。

疲れやすさも太りやすさも、ミトコンドリアの働きが鈍って代謝効率が落ちているため。しかし、コエンザイムQ10を摂取してミトコンドリアの働きを活性化すれば、代謝がUPして疲れにくく太りにくい体を維持できるでしょう。

前述の通り、コエンザイムQ10の体内における合成量は40代頃から急激に減少するため、30代からサプリメントでコエンザイムQ10を摂取することをおすすめします。

3.まとめ

コエンザイムQ10には抗酸化作用とミトコンドリアの活性化という2つの働きがあり、代謝に深く関係するのはミトコンドリアの活性化です。ミトコンドリアは炭水化物や糖質を代謝して生命活動を維持しており、その働きはコエンザイムQ10にサポートされています。

人は40代頃から疲れやすさと太りやすさを自覚しますが、これはコエンザイムQ10が減少してミトコンドリアの働きが鈍っているため。コエンザイムQ10を摂取すれば、代謝がUPして諸症状が和らぎます。30代からコエンザイムQ10を積極的に摂取し、代謝の低下による諸症状を予防しましょう。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪