コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10の素材

コエンザイムQ10の生産には、どのような素材が用いられているのでしょうか?ここでは「合成法」と「発酵法」のそれぞれに用いられている素材をまとめました。

目次

1.コエンザイムQ10の生産法別の素材
 1-1.合成法
 1-2.発酵法
2.合成法に用いられる植物の種類は?
3.発酵法に用いられる植物の種類は?
4.まとめ

1.コエンザイムQ10の生産法別の素材

コエンザイムQ10を人工的に生産する場合、「合成法」と「発酵法」によって用いられる素材が異なります。それぞれの生産法に必要な素材をまとめました。

1-1.合成法
ナス科の植物の葉(タバコ由来の成分)を原料とし、化学合成によってコエンザイムQ10を抽出します。低コストでコエンザイムQ10を生成できますが、吸収率は低めです。
・ナス科の植物の葉
・化学物質
の2点が必要です。生産したコエンザイムQ10自体には化学物質は含まれていません。

1-2.発酵法
天然の酵母と細菌を発酵させ、まずはコエンザイムQ3を抽出します。その後、化学合成によってコエンザイムQ10に変化させます。酸化型と同様に植物類を用いますが、時間をかけて発酵させるぶん吸収率が高くなります。
・天然酵母と細菌
・酵母や細菌の餌となる植物由来の物質
の2点が必要です。この方法は天然の素材のみで生産可能です。

2.合成法に用いられる植物の種類は?

コエンザイムQ10を合成法で生産する場合、タバコに用いられているナス科タバコ属の植物が用いられます。主に熱帯に生育しており、古くから薬草として利用されていたようです。

葉っぱにはニコチンが含まれていますが、合成法で生産されたコエンザイムQ10にニコチンが混ざることはまずありません。しかし気になる人は合成法ではなく発酵法で作られたコエンザイムQ10を選ぶと良いでしょう。

3.発酵法に用いられる植物の種類は?

コエンザイムQ10を発酵法で生産する場合、酵母と細菌が発酵するための餌が必要です。特に用いられている餌は「サトウキビ」で、他には「テンサイ」や「トウモロコシ」が使用されることもあります。

・サトウキビ
イネ科の多年草。熱帯を中心に世界中で生産されている。砂糖の原料として用いられている。
・テンサイ
ヒユ科の二年生植物。寒冷地で生産されている。サトウキビと同様に、砂糖の原料として用いられている。
・トウモロコシ
イネ科の1年生植物。穀物・家畜の飼料・デンプン・油などに用いられる世界三大穀物の1つ。
生産されたコエンザイムQ10自体に、これらの成分が混ざる確率は極めて低くなっています。ただし、イネ科の植物やヒユ科植物にアレルギーがある場合は、自分の体の変化に少し注意しておくと良いでしょう。

4.まとめ

コエンザイムQ10の素材は、生産法によって異なります。合成法ならナス科タバコ属の植物が用いられ、発酵法ならサトウキビやテンサイ・トウモロコシが用いられます。生産されたコエンザイムQ10にこれらの素材が混ざる確率は限りなく低いため、あまり神経質にならなくて良いでしょう。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪