コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10が不足するとエネルギー不足になる理由

加齢に伴い疲れやすくなるのは、コエンザイムQ10が不足してエネルギーまで不足するからであると言われています。ここでは、コエンザイムQ10とエネルギー不足の関係性をまとめました。

目次

1.コエンザイムQ10の2つの役割
2.コエンザイムQ10とエネルギー不足の関係性
3.まとめ


1.コエンザイムQ10の2つの役割

コエンザイムQ10は、ビタミン様物質の一種です。ビタミンと同じく生命維持に必要不可欠ですが、体内で生成されるためビタミン様物質に分類されています。
コエンザイムQ10には、主に2つの役割があります。1つ目は、抗酸化作用によって美容・健康面でのアンチエイジングを行うこと。2つ目は、ミトコンドリアの働きをサポートすることです。

まず、抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑制する作用のことです。活性酸素は酸素の代謝過程で発生する毒性のある物質で、過剰になると細胞を傷つけてしまいます。細胞が傷つくと様々な病気に繋がり、老化現象を早めるため、健康を維持したい人は注意すべきです。
抗酸化作用のある物質を摂取すれば活性酸素による細胞のダメージを減少させられるので、アンチエイジングのためにコエンザイムQ10を摂取することは非常におすすめです。

次に、ミトコンドリアとは細胞小器官の一種です。栄養素のエネルギー変換を司っており、炭水化物や脂質がエネルギーとなるのはミトコンドリアのおかげです。
加齢に伴ってミトコンドリアの働きは鈍り、エネルギー変換効率が落ちるため、結果的にエネルギー不足となってしまいます。そこで役立つのがコエンザイムQ10です。コエンザイムQ10はミトコンドリアの働きをサポートするため、エネルギー変換効率を高く維持できます。

2.コエンザイムQ10とエネルギー不足の関係性

コエンザイムQ10がエネルギー不足と関与する理由は、この物質がミトコンドリアの働きを活性化するためです。前述した通り、ミトコンドリアは加齢によって働きが鈍ります。
歳を取ると疲れやすくなる大きな原因の1つが、ミトコンドリアが十分にエネルギー変換できず、エネルギー不足に陥ること。そもそもミトコンドリアの働きが鈍る理由の1つは、体内におけるコエンザイムQ10の生産量が減少することです。そのため、外部からコエンザイムQ10を摂取すれば、ミトコンドリアは活発に働いてくれるでしょう。

一般に、コエンザイムQ10の生産量は20代をピークとして徐々に減少し、40代になると心臓におけるコエンザイムQ10量が約70%にまで落ち込みます。40代と言えば疲れやすさを感じやすくなる時期です。
コエンザイムQ10は20代以降ならいつでも飲み始めて良い成分ですが、30代後半から飲み始めれば、40代の疲れやすさに早期対策できるでしょう。ミトコンドリアの働きが悪いと、どんなに栄養あるものを摂取してもエネルギーに変換できないため、まずはコエンザイムQ10の摂取を強くおすすめします。

3.まとめ

コエンザイムQ10が不足するとエネルギー不足になる理由は、この物質がミトコンドリアの働きに関与しているためです。ミトコンドリアは細胞小器官の一種で、栄養素のエネルギー変換を司っています。
心臓におけるコエンザイムQ10量は40代になると70%まで落ち込み、ミトコンドリアのエネルギー変換効率も減少してきますから、この頃からコエンザイムQ10を外部摂取することが大切です。

画像