コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10サプリメントの成分を確認してみよう

コエンザイムQ10のサプリメントには、どのような成分が含まれているのでしょうか?ここでは、コエンザイムQ10サプリによく含まれている成分をピックアップしました。

目次

1.コエンザイムQ10によく含まれている成分
 1-1.ビタミンE
 1-2.グリセリン
 1-3.ミツロウ
 1-4.油類
2.まとめ

1.コエンザイムQ10によく含まれている成分

コエンザイムQ10とは、主に優れた抗酸化作用・細胞小器官”ミトコンドリア”の活性化によるエネルギー変換効率UPという2つの役割を担っているビタミン様物質です。エネルギー変換に関与するだけあり、ビタミンと同じく生命活動の維持に必要不可欠です。ただし、ビタミンと違い体内で生産できる特徴があるため、ビタミン様物質に分類されています。
コエンザイムQ10のサプリメントは、加齢に伴い疲れやすさの解消やアンチエイジングを目的として摂取されています。コエンザイムQ10以外に含まれている成分の代表をまとめました。

1-1.ビタミンE
ビタミンEは、優れた抗酸化作用があるビタミンです。脂溶性ビタミンのため、油脂類に多く含まれています。活性酸素による細胞のダメージから体を守り、病気や老化をケアする役割があります。

活性酸素とは、酸素の代謝によって生産される毒性のある物質です。微量であれば免疫機能により体を守りますが、過剰になると細胞を傷つけます。抗酸化作用は活性酸素の働きを抑制する作用であるため、細胞のダメージを防ぐことが可能です。

ビタミンEは、コエンザイムQ10と相性の良いビタミンです。なぜなら、コエンザイムQ10には酸化したビタミンEを再生する働きがあるためです。ビタミンEは酸化すると効果を発揮できなくなるのですが、コエンザイムQ10があれば何度も再生して抗酸化作用を維持できます。コエンザイムQ10自体にも抗酸化作用があるため、高い相乗効果を期待できるでしょう。
ビタミンEは、製品によってはトコフェロールと表記されています。

1-2.グリセリン
グリセリンは、アルコールの一種です。保湿成分として化粧品やクリームを始めとした化粧品に使用されていますが、サプリメントのカプセルを構成する成分としても用いられます。グリセリン以外にもゼラチンやセルロースがソフトカプセルの原料となります。
ゼラチンはお菓子作りの材料にも使われるたんぱく質の一種です。また、セルロースは不要性食物繊維の一種で、ほとんどすべての植物に含まれています。いずれも人体に無害な物質であるため、副作用を気にする必要はありません。

1-3.ミツロウ
ミツロウは、ミツバチの巣の元となる蝋を精製した物質のことです。ロウソクの蝋・木材の艶出し用・化粧品の材料などと言った使い道の他に、品質維持を目的としてサプリメントにも配合されています。サプリメントのカプセル表面を艶出ししたり、配合成分を調整したりすることが可能です。
グリセリンと同様に、天然成分であるため害はありません。保湿力が高いため、化粧品にも用いられるほどです。

1-4.油類
コエンザイムQ10のサプリメントには、オリーブオイルや大豆オイル・サフラワー油などが配合されています。サプリメントの成分を調整するために配合されており、特にコエンザイムQ10は脂溶性物質のため、これらの油類にしっかり溶け込みます。

オリーブオイルはオリーブの実・大豆オイルは大豆・サフラワー油は紅花から製造されます。オリーブオイルは美容と健康のために摂取されているほどの油ですから問題はありません。しかし、大豆オイルとサフラワー油はリノール酸が多いため体への影響が問題視されています。

リノール酸は、n-6多価不飽和脂肪酸の1種です。過去には健康に良いと言われていましたが、研究の結果、リノール酸を多くとると動脈硬化のリスクが高まることが判明しました。

ただし、サプリメントに用いられる油はごく微量です。いずれの油が含まれていても、そこまで気にする必要はありません。日常的に用いる油の種類を見直したほうが良いでしょう。

2.まとめ

コエンザイムQ10のサプリメントによく用いられている物質は、ビタミンE・グリセリン・ミツロウ・油類です。いずれも特に副作用を気にしなくてよい物質で、むしろビタミンEはコエンザイムQ10との相乗効果を期待できる物質です。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪