コエンザイムQ10の徹底比較♪ ~完全版~

CoQ10 perfect power

スマートフォン用メイン画像
メインイメージ
ランク 一位 知識

コエンザイムQ10とアセチルCoA

目次

1.アセチルCoAはコエンザイムQ10の原料
2.アセチルCoAではなくコエンザイムQ10を摂取すること
3.まとめ

1.アセチルCoAはコエンザイムQ10の原料

コエンザイムQ10は生命活動に必須の成分です。肉類やナッツ類からも摂取できる物質ですが、ビタミンと違い体内で生成できるためビタミン様物質に分類されています。
コエンザイムQ10を体内で生成する際に必要な原料は、アミノ酸の”チロシン”と、酵素のアセチルCoAの2種類です。これらの物質が組み合わさると、コエンザイムQ10に変化します。

アセチルCoAは、コエンザイムQ10の原料となるだけでなく、コレステロールの生成・エネルギーの産生・蓄積の活性化も担っている物質です。疲れのケアや体力の維持などに関与していると考えられます。
原料となるアセチルCoAを補っても、コエンザイムQ10の生成量に大きな影響はありません。年齢と共にコエンザイムQ10を合成する力自体が低下するためです。
また、アセチルCoAはコレステロールの原料にもなる物質です。動脈硬化や高脂血症の原因となる得るため、あまり増えすぎるのは望ましくない成分であると言えます。

2.アセチルCoAではなくコエンザイムQ10を摂取すること

現代人は炭水化物や脂質を十分に摂取しているため、基本的にアセチルCoAが不足することはないでしょう。このことから、コエンザイムQ10が不足する40代以降の方は、アセチルCoAではなくコエンザイムQ10を意識的に摂取することをおすすめします。

アセチルCoAと違ってコエンザイムQ10は食品からの摂取が難しいため、できればサプリメントから摂取して下さい。20代をピークに体内での産生量が減少するため、若い人が摂取し始めても構いません。

補助的に食品から摂取したい場合は、ブロッコリーやほうれん草・枝豆・ピーナッツなど生で食べられるものが適しています。コエンザイムQ10は熱に弱いため、50度以上加熱すると成分が破壊されるおそれがあるためです。

牛肉やイワシにもコエンザイムQ10は含まれていますが、加熱しなければ食べられないため、コエンザイムQ10の摂取という観点ではおすすめできません。ただし、脂質やたんぱく質が多いためアセチルCoAの摂取には適しています。

1日分のコエンザイムQ10摂取目安量は100mgです。食品だけで補うなら、例えばブロッコリーを12kg摂らなくてはならず現実的ではありません。サプリメントを飲みながら、あくまで補助的に食品から摂取しましょう。

3.まとめ

コエンザイムQ10は、アミノ酸”チロシン”と、酵素"アセチルCoA"によって体内で生成されます。アセチルCoAを摂取してもコエンザイムQ10の生成量にはさほど影響がないため、コエンザイムQ10を摂取するのがもっとも効率的です。食品で1日分のコエンザイムQ10摂取目安量を補うのは困難なため、サプリメントをおすすめします。

画像

Menu Menu

効果と効能から選ぶ

目的別に選ぶ

製品の体験談・口コミまとめ

Recommend♪